オランジーナを売るヒト・コミュニケーションズのお仕事


「フランス人」「炭酸オレンジジュース」「TVCM」
これでオランジーナを連想するなという方が、
無理があるかもしれません。
ヒト・コミュニケーションズは名前を伏せていますが、
それ以外考えられません。

ワインや日本酒の試飲の販売は割と多いですが、
ヒト・コミュニケーションズは珍しいことに
一般的なジュースの試飲のお仕事を取り扱っています。
むしろ、オランジーナに限定する意味はあまりないかもしれません。
働く側からしたら、別にファンタでもポンジュースでも大差ありません。
まさか、ミカンアレルギーの方なんていませんよね?
炭酸が飲めない方の求人を断っているわけでもなく、
誰でも普通に働けそうです。
(※でもお酒の試飲販売は20歳以上が条件)

ヒト・コミュニケーションズが扱う
オランジーナの試飲のお仕事ですが、
6月25日(日)限定になります。
1日のみのお仕事ですが、勤務地は高幡不動、青梅街道、
高尾、拝島、昭島などいくつも用意しています。
それらの場所にある系列店にて
大々的にキャンペーンでもしているのでしょうか?
6月25日は特に、サントリーは特別なイベントを実施していませんので、
この日が特別ということも無さそうです。

6月20日にオランジーナ フレンチスパークリングを発売したばかりなので、
新作発表とも関係ありませんね。
そもそも、このヒト・コミュニケーションズのお仕事は
オランジーナとオランジーナ フレンチスパークリング、
どちらを売るのでしょうか?
どちらもオレンジ味の炭酸であり、
見た目以外で違いはほとんどないかもしれません。

炭酸系の試飲のお仕事ですが、これは意外と難しいです。
販売のテクニックというよりも、
商品の特性上、試飲させるのが非常に難しいのです。
と言うのも、炭酸を飲む最高のタイミングは「開けた瞬間」です。
開封してコップに注いで10秒経ったら、泡なんて抜けてしまいます。
ヒト・コミュニケーションズのこのお仕事は意外と難しいかもしれませんよ。